タイガー計算器 (R)

  タイガー計算器は,学生の頃のわずかな期間使った経験がありますが,当時,計算機能をメカニカルに実現していることに,ある種の感
 銘を受けたことを憶えています。あるページで写真を見たことをきっかけに,ちょっと懐かしくなって,その機能をシュミレートする Applet を
 作ってみました。ハンドルが回ったりベルが鳴ったりはしませんが,一応その動きを想像できるように考えました。実際に使ったのはもっと
 無骨なものでしたが,外観は最終モデルを参考にしました。


 [ 各部の名称と機能 ]
 本体上部の数表示が「チェックダイヤル」,キャレージの左が「左ダイヤル」,右が「右ダイヤル」
 置数レバー(本体前面)… 右端が一の位,置数はチェックダイヤルに表示される(上下にドラッグ)
 レバークリア(本体右)… 置数レバーとチェックダイヤルをクリアする
 クランクハンドル(本体右)… +回転(クリック)するとチェックダイヤルの値が右ダイヤルの値に加算される,−回転で減算される
 クラッチ(本体左下) … ×のとき,+回転するとインジケータ位置の左ダイヤルが+1,−回転すると−1
                 ÷のときはその逆,中央はニュートラル(左右にドラッグ)
 桁送りツマミ(キャレージ中央)… キャレージを移動する(>,<,>>,<< をクリック)
 左帰零ハンドル(キャレージ左)… 左ダイヤルをクリア(ハンドルをクリック)
 右帰零ハンドル(キャレージ右)… 右ダイヤルをクリア(ハンドルをクリック)
 連乗用ツマミ(本体下部左)… 右ダイヤルの値をチェックダイヤルにコピー(クリック)

 [ 基本的な使用方法 ] 別にさまざまな技があるらしい
 乗法 [例] 123×45
  @ クラッチを× A 置数レバーで 123 を置く B +回転を 5 回 C 1桁移動(>) D +回転を 4 回
  E 右ダイヤルに積が表示される,すなわち (置数)×(左ダイヤル)=(右ダイヤル)
 除法 [例] 678÷12
  @ 置数レバーで 678 を置く A +回転して右ダイヤルに 678 を表示 B 左ダイヤルクリア
  C クラッチを÷ D 置数レバーで 12 を置く E 桁送りで右ダイヤルと置数の頭をそろえる
  F −回転で右ダイヤルから置数を引いてゆく(引きすぎたら+回転で戻す)
  G 1桁移動(<) H −回転で引いてゆく,左ダイヤルに商,右ダイヤルに余りが表示される

 [ 参照サイト ]
  オフィシャルページ タイガー計算器のあゆみ,詳しい使い方,計算器の歴史などがあります
  懐かしのタイガー計算機  最終モデルの外観,内部の写真があります

 戻る