水面の波?



 水面の波はさまざまな表情をみせ,それを忠実に記述するには多くの因子が必要でしょう。
ここでは,表面の分子が円運動をしていると仮定して,波の動きをおってみましょう。
 n番目の分子Pは中心C(ndx,0)のまわりで半径Aの円運動をし,その座標(x,y)は次式で表されます。
      x=ndx+Acos{2 pi(ndx/L−t/T)}
      y=Asin{2 pi(ndx/L−t/T)}    ただし A=1,L は波長,T は周期,dx=2 pi/50 は中心間の距離
 戻る