方べきの定理の逆

  [方べきの定理の逆]
  2つの線分ABとCD,またはABの延長
  とCDの延長が点Pで交わるとき,
    PA・PB=PC・PD
  が成り立つならば,4点 A,B,C,D は
  1つの円周上にある。

  A,B,C を通る円を示しています。点を
  ドラッグしてこの定理を確かめましょう。

  戻る