方べきの定理・例題

  円 O の外の点 P から接線をひき,接点を A,B と
  する。線分 PA の中点を M,MB と円 O の交点を
  C,PC と円 O の交点を D とする。
  このとき,PA と BD は平行になる。
  (証明の方針)
  MP=MA,MA2=MC×MB から △MPC ∽△MBP
  および接弦定理を用いる。

  ○ をドラッグして点 P を移動できます。
  戻る