方べきの定理・例題

  円 O の外部の点 P から直線 m をひいて,O との
  交点を A,B とし,A,B における 2 つの接線の交
  点を Q とします。m が変化するときの Q の軌跡は
  どうなりますか。
  (ヒント)
  OQ を直径とする円は A,B を通り,また,この円と
  PO との交点を H とすると,∠QHO = 90°となる。
  さらに,方べきの定理により
      PA×PB = PO×PH = 一定

  ○m をドラッグして Q の動きを確かめてください。
  戻る